社労士資格ガイド - 社労士試験に合格しよう! › 社労士として独立するには?

社労士として独立するには?

実務経験の積みかた、社労士としての職務形態など、実際に独立して業務を行うにあたって気をつけたい内容を解説しています。

日常業務のパターン

社会保険労務士の資格をとっても、それだけでは業務を完全にこなすことは困難です。社労士の日常業務についての基本的なパターンをここでは採り上げます。

社会保険労務士の実務経験をつける方法

社労士として、実務経験を身につける方法は様々です。自分に合わせたビジネススタイルを選びましょう。

必要な開業手続きについて

開業をするには、社会保険労務士法にならって様々な手続きを行う必要があります。

社労士事務所に開業資金は多く必要!?

「開業にはどのくらいの資金が必要なの?」という不安を持っている人も多いのではないでしょうか。必要に応じて、ステップを踏んで物品をそろえるようにしたら、意外とスタートは小額からでもできると思います。

社会保険労務士
社会保険労務士 実績で選ぶの通信教育・専門学校

合格率の高さで有名な資格の大原。なんと、社労士試験は一般平均の3倍近い合格率を誇ります。

質の高いオリジナル教材、サポー体制もばっちりです。

独自の「非常識合格法」で、高い合格率を誇るクレアール。特に、法律・行政系の資格を検討中の方にオススメ!

社労士講座も、とても高い評価を得ています。

法律・行政資格のクオリティの高さで有名な資格のTACは、大原とあわせてイチオシの社会保険労務士講座

通学・通信・WEB講座と、自分に合った学習方法を選べるのもポイントです。