社労士資格ガイド - 社労士試験に合格しよう! 社労士試験対策:選択式問題 › 選択式試験問題対策のポイント

選択式試験問題対策のポイント

社労士試験の場合、択一式、選択式の過去問を、ただ行うだけでなく、「パターン」をある程度身につけてしまうと、効率よく勉強ができるでしょう。

過去問題の傾向を知る

社会保険労務士の場合、選択式問題が以前は記述式だったので、選択問題の過去問の量がどうしても限られます。
効果的な対策のためには、過去の社労士試験で出題された選択式問題だけでなく、記述式や択一式の問題も一度はざっと眺めてみるとよいと思います。

その際に

  • 試験問題のどのような箇所が空欄になっているのか
  • 受験者を振り落とすために、どんなパターンの「ひっかけ」があるのか

を注意してみるとよいのではないでしょうか。

全く同じ問題が出題されることは殆どないとはいえ、過去問対策は社会保険労務士試験合格のために重要なポイントです。
傾向を把握するという観点を持って、効果的な学習ができるといいなと思います。


社労士選択式試験に慣れる~終盤は予想問題集も活用

選択式の問題は、択一式と範囲はかぶっているとはいえ、やはり出題形式がかなり異なっています。
過去問だけでなく、予想問題集も終盤には活用できるとよいでしょう。