社労士資格ガイド - 社労士試験に合格しよう! 試験対策勉強を始める前に › 問題集・テキストを効率的に使おう

問題集・テキストを効率的に使おう

テキストの上手な使い方

テキストを読む目的は、「理解」が8割、「記憶」が2割です。
テキストが退屈だい言う人でも、3回は読み返してください。
1回目はざっと通読し、2~3回目は理解しながら読みましょう。
その時に紛らわしいところや理解しにくい部分を整理していくといいでしょう。


択一式問題対策 過去問を解こう

択一式問題はとにかく何回も過去問を解くことで実力をつけましょう。
過去問を解けば実際のテストのレベルが感覚的につかめ、
学習を進める上での安心感を得ることができます。
また頻出問題を理解すれば基礎を固めることにもつながります。
最初のうちは時間は意識しなくてもいいですが、
問題に慣れてきたら徐々に問題を解くスピードを上げていきましょう。


選択式問題対策 専用の問題集を解こう

選択式問題は過去問を解くよりも、専用の問題集を使って演習回数を増やしましょう。
その際、ただ問題集の空欄を埋めて終わるだけでなく、
地の文と解説文の中の重要だと思う単語はすべてチェックしておきましょう。
どの本にも紙に書いて覚えろと書かれていますが、特にその必要はありません。
それよりも何度も解き、選択式特有のクセに慣れましょう。