社労士資格ガイド - 社労士試験に合格しよう! 社労士試験対策:択一式問題 › 雇用保険法

雇用保険法

雇用保険法は、失業の救済や雇用の調整のために作られた法律ですが、その内容は日本の経済情勢に合わせて次々と改正されています。

例えば、近年増えつつあるパートのような短時間の労働者にも保険が給付されるようになりました。
このような変化も踏まえた学習をすると効果的でしょう。


雇用保険法 学習のポイント

雇用保険法は第3章の失業等給付に関する部分に焦点を当てて勉強しましょう。

問題の約半分がこの第3章からの出題となっています。

他に、一般被保険者の対象支給である基本手当てとその他の給付、再就職手当てに関する問題は例年数問出題されるため、そういった部分を中心に学習をすすめるといいでしょう。


身近な法律 意欲的に取り組もう

健康保険法と同様、他の法律に比べ身近なところにある法律です。自分の将来のことも考えながら親しみをもって勉強してみるといいでしょう。

上記にも述べたとおり、過去に何度も改正されている法律です。改正された箇所は狙われやすいので、最新の情報をチェックしつつどのように動いてきたのか理解しておきましょう。