社労士資格ガイド - 社労士試験に合格しよう! 社労士試験対策:択一式問題 › 労働者災害補償保険法

労働者災害補償保険法

労災保険法は被災労働者とその遺族に対する保護や補償のための法律です。
政府が保険者となり、災害にあった労働者に必要な保護をします。
本来は保険適用外である通外災害も保護し、労働者だけでなくその雇い主や家族も適用対象となっています。

保険の適用範囲を広げ、給付内容を充実させるための法律といえるでしょう。


労働者災害補償保険法 学習のポイント

第3章の保険給付はこの法律の軸ともいえる重要な部分のため、労災法の問題の半分以上は第3章からの出題です。

また、他の給付項目からの出題頻度も高いため、保険給付相互間を対比させながら勉強するといいでしょう。
労働福祉時事業の特別支給金も頻出です。


労災保険法は労基法8章の拡大版

労災保険法は、労基法第8章の内容を補強するために労基法の施行と同時に制定された法律です。

まずは労基法の第8章を勉強してから労災保険法を勉強すると効率的でしょう。