社労士資格ガイド - 社労士試験に合格しよう! 社労士試験対策:択一式問題 › 厚生年金法

厚生年金法

国民年金法が自営業者のための法律だとすると、厚生年金法は勤労者のための法律。
昭和61年の大幅な法改正によって、国民年金からは基礎年金の、厚生年金法からは被用者年金が給付されることになりました。


学習のポイント

厚生年金法の前身は昭和16年に制定された労働者年金保険法で、昭和61年の法改正で厚生年金法になりました。

この改正の際にできた経過措置や特例がたくさんあります。
条文や項目の丸暗記ではなく、旧法から新法への流れを押さえられるといいでしょう。


改正された場所は要チェック

公的年金法は少なくとも5年に1回は見直されます。

年々変化する社会状況に合わせて法律も変わっていくため、実施される時期はバラバラでややこしいですが、しっかり覚えましょう。